ごあいさつ

ミヤムラリゾート 情報

2023-02-04 19:43:00
第18回 聞いて下さい私の独り言 Speaking  to one self 留置場から収容施設に移動

     留置場の中ではこの2,3日いろいろな事がありすぎたので、疲れて雑魚寝でも寝る事ができました。

     翌朝、 車で収容所に連れて行かれたのですが、そこには500人から600人外国人が収容されていました、ほとんどかメキシコ人で日本人は私1人のようでした、どうしたのかカナダ人も1人いました。

     そういうわけで係官はスペイン語しか話しません。収容所の中ではテレビをみたり、バレーボール、卓球等の運動を皆さん楽しそうにしていましたが、私はとてもそんな気持ちになれませんでした。

     収容所の外に見える建物の屋根には弁護士の看板が沢山見えます、いつでも相談受付ますとか、開放されたければお電話下さい等です。

     収容者の何人かが私に物を売に来ます、タバコとか日用品等です、刑務所ではないのでタバコ等も売ることが出来るのだと思いましたが、何人かの収容者は警備スタッフに頼まれて売っているのだと感じました。

     食事は一列にならんで順番にもらいます。トレイの上に載せてくれるのですが スープはトレイのお椀のように凹んだ個所に入れてくれます、牛肉とか鳥肉とかメニューはそんなに悪くないのですが、私は全く食べる気になれないでいると、隣のメキシコ人が食べないの、もらっていい と言ってくるではないですか、お腹は2日位食べて無いのですから空腹なはずですがこれから先どうなるかを考えるととても食べる気にはなれません。

    食事は食べ終わらなくても順番が来ると席を立たなくてはなりません、最初にスプーンを返します、料理を列んでもらう時はスプーンは最後でしたが返す時はまずスプーンからです、映画のスティーブ マックインの大脱走が頭に浮かびました、刑務所から脱走するアメリカ映画で第二次世界大戦のドイツの捕虜収容所からスプーン1本で脱走を試みるのです。

   昼食時間が過ぎ次は夕食なのですが今晩ここで寝なければならないと思うと憂鬱になります、夜になるといろんなことがあるみたいで、男も襲われる事があるそうです、そんなこんなを考えている時、所長から私に呼び出しがかかりました。

 


1